Good News & Love Smile Foods

2009.12.10 Thursday 19:07

ついに決まりましたね!

湘南ベルマーレJ1昇格おめでとう!!

はちみつジンジャーで選手やサポーターの方を応援していた
honobono号にとっても嬉しいニュースです。

昇格が決まった直後、ベルマーレ担当者から連絡が…

「これから『J1昇格報告会』を行うので、あったか〜い
はちみつジンジャーでサポーターさんの冷えた身体を温めて貰えますか?」

「もちろんです!!」






というわけでhonobono号、急遽夜の平塚競輪場へ出動〜

これからも頑張ってください! ますます期待しています!




そして翌日

毎月第一日曜に藤沢のecomoさんで開催されている【エコモノ市】に

湘南チーム・ユニット番号?1 『ほのぼっくる』 の登場!





本日のおすすめメニューは

ほのぼっくるセット【パンdeスープ&はちみつジンジャー】

これが大人気!

何でもパンの中にkurumiさんのスープがたっぷり入っていて、
honobono号のドリンク付き。

スープとドリンクがそれぞれ3種類から選べて、思わずニッコリしちゃうんです。

ほら、kurumiさんも何か見て微笑んでるでしょ、




その訳は…






わ〜い! 心も身体も、喜ばずにはいられません!





みんなを笑顔にしてしまう、恐るべし『ほのぼっくる』

今度はあなたの街にやってくるかも…!?

☆イベント出店報告! comments(0)

たくましく育つ

2009.11.17 Tuesday 21:20

『食、子育て、環境活動、癒し、など。
日々の暮らしの色んな側面が農を通して繋がっていったら
いいなぁ…。』

そんな想いで《たかいく農園》さんが企画した

【たかいく農園 秋の収穫祭】



たかいくさんは三浦市で農薬や化学肥料を使わずに野菜をつくっている
とっても誠実で素敵なファミリー。

無農薬で野菜を作ろうと思ったのは、実は息子さんの高熱が
きっかけだったそうです。
母(英子さん)の自然療法の知識と経験から、
病院にも行かず、薬を飲まなくても自然治癒力で回復した息子さん。

人間の生命力の強さを改めて感じ、自然のままでも力強く生きていける
息子さんを見て、

野菜たちだって、そうなのかも知れない…

父(キヨさん)がそう思ったのが始まりでした。

それまで低農薬とは言っても、やはり虫が付かないように農薬をかけ
キレイな野菜を作ることが当たり前になっていた栽培方法を
スパッと切り変えました。

試行錯誤の毎日。
でも野菜の味はみるみる美味しく変わっていったそうです。

「虫や鳥たちにも分け前を与えています。
人間だけが美味しい野菜を独り占めするわけにはいかないからね。」

とキヨさん。



野菜たちは、菌や虫、雑草と共生してみな立派に育っています。
そして、やっぱり美味しい!!

三浦大根、里芋、ジャガイモ、ネギ、など…
土や虫と戯れ、たくさんの秋の野菜を収穫しました。







今日はその野菜を使って出張イタリアンシェフが調理。
野菜たっぷりのパスタにピザ…、
そしてhonobono号のドリンク。

「オーガニックビールと合うねぇ!」

って、みんな飲み過ぎじゃない?!

まあ、今日はいいでしょう(笑)


honobono号、本日お手伝いしてくれたのはボランティアスタッフさんの中
では最年少の『みもり』くん(小学6年生)



大助かりだったよ、ありがとうね!


大地の恵みに感謝して、収穫したばかりの野菜をみんなでいただく。
そんな究極の贅沢を存分に味わえた、最高の一日でした。


☆イベント出店報告! comments(0)

湘南事変?!

2009.11.12 Thursday 01:15

先週末開催された湘南国際マラソンにて



待ちに待った何かが起こったのです!!


『オーガニック移動カフェhonobono号』

       ×

『野菜ソムリエのスープ屋さんkurumi』


=【ほのぼっくる】



「湘南・身体に優しい移動販売チーム」から初のユニット誕生です♪




kurumiさんが考える移動販売でスープを提供するということが、
私たちhonobono号の考え方とほとんど同じで、気も合う同志。
コラボレーションはごく自然な流れでした。

『honobono号のはちみつジンジャー』&『kurumiのとまとスープ』

応援のみなさんと、選手のみなさんが続々と飲んでくださいました。




ヒロの手作り旗が秋の風になびいています。




このキャラクターが【ほのぼっくる】です。…天丼マンじゃないよ(笑)




Love Smile Foods

このお鍋には、みんなが笑顔になれる食べ物がたくさん詰まっています。

みんなというのは、

野菜など、素材を作るひと、
その周りで暮らす生き物、
それを調理するひと(私たちです)
そして食べるひと。

たくさんの笑顔を、みなさんにお届けしたいと考えています。

この鍋は車が付いているからどこでも行けちゃうしね!


そんな愛すべき【ほのぼっくる】

本日の仕事は、疲れた選手の皆さんを笑顔にすること。



無事に使命を全うした【ほのぼっくる】でした。

これからの活躍に乞うご期待!
応援よろしくね〜♪

☆イベント出店報告! comments(0)

☆ 土と平和の祭典 ☆

2009.10.21 Wednesday 21:28


都会のど真ん中...
ぽっかり空いた空間で
ホンモノの衣食住が振る舞われた一日だった。

過去と現在そして未来の農のありかたをみんなで考えつないでいく

自分の意志で仕事を作る若い世代が中心となり
これからの農の形を手探りし形にしていく

ライブに
トークショー
ワークショップ
ファーマーズマーケット
オーガニックフードあり



無農薬の畑が少しずつではあるけれど
復活しつつある今日この頃
昔のような日本の原風景とまでは行かないかもしれないけれど
新しい風景が今育ち始めている



オーガニックや無農薬栽培がなんでいいの?って思う人もいるかもしれない

ぼくが思うにそれは“自然のまま”だから
人間が手を加えずありのまま
トマトがトマトとして
南瓜が南瓜として
自力でそのまんま育つ方がやっぱおいしい!と思う。



そりゃ農薬使った野菜の方が形は虫食いや傷などないから
見た目キレイだけど...

虫も食べれないものを人が食べるのってどうなの?
って思う。
ただまだまだオーガニックや無農薬のお野菜が手に入る機会は限られているし、
既存の野菜に比べると価格面で手を出しにくいこともあるかもしれない。

けれど毎日の食卓に並ぶ野菜は
(野菜だけじゃなくて食べ物全部に言えることだけど...)

必ず誰かが作ってるものなんだよね。

空から降ってきたものを食べているわけじゃなくて
(狩猟採集で生きている人は別だけど...)

多くの人はお店とかで買ってくると思うんだ。
その先には必ず作り手が存在して

作り手の人たちにも暮らしがあって...
ぼくら消費者が傷一つないキレイな野菜を望むと
作り手は自分の生計を立てるために
農薬を使ってそれを作らなきゃならなくなる。
農薬は食べる側にもダメージがあるけど、
作る側にはもっとダメージが強い


また値段の安いものばかりを求めると
作り手は今のままでは売れないから
安く卸さなければならなくなる。
そうなると買い叩かれて生計を立てるのが困難になる。

こういう流れって誰もhappyにはならないんじゃないかなって思う。



だからhonobono号はオーガニック移動カフェなんだ♪

食卓は畑そのもの
今日も畑の人に感謝して...

いっただっきまーす!


年に一度きりのお祭りで
“ジンジャー泡盛”出しながら
ぼくはそんなことを改めて考えていました。

はちみつジンジャーにはそんな思いを込めています
また来年みなさんとお会いできることを願って...。

ありがとう







☆イベント出店報告! comments(6)

全国ツアー 千葉編

2009.10.16 Friday 23:33

旅するhonobono号が向かったのは千葉県香取郡で行われた

『火渡り修行まつり』

町をあげてのお祭りのメイン、厄除けや開運を祈願、煩悩を浄化する
という【火渡り修行】




蔵元・寺田本家の前では、ハレの日には欠かせない【餅つき】



ふんどしのおじいちゃん(失礼しました、お兄さん)が眩しいです。


こんな由緒あるお祭りにhonobono号カフェをOPENさせてもらい、
嬉しくて、お餅をたらふく食べちゃいました(笑)


ここ神崎(こうざき)町は昔から醸造業が盛んで、現在も【発酵の里
と呼ばれています。

寺田本家を中心に、在来大豆の豆腐屋さん、酒粕酵母パンやさん、
手作り麹の味噌やさん、など…
町全体が【発酵】というキーワードで繋がっていて、
とっても素敵な町です。

寺田本家の創業は何と今から330年ほど前!
「自然の原点に戻って酒造りをしたい」と本物の酒づくりをしています。

「酒造りは毎年10月下旬くらいから始まり、翌年4月初めくらいに
出来あがります。その間は気が抜けません!」

24代目の寺田優さん

さらに、
「寺田本家で、無添加でお酒を造るのも、無農薬の原料米を使うの
 も、手造りにこだわるのも、造っている僕たちがそのほうがワクワクと
 楽しいからです。」



優さんの人柄が伝わってくるような生酒をいただき…

感動!!

そして、酒づくりに命をかける蔵元の皆さんの生き方にも感動しました。


『酒は百薬の長』と言われるとおり、
発酵食品であるお酒は適度に飲めば、薬以上に健康によいもの。

ただしこれは伝統的な製法で造られた純米酒を、ほどよく飲めば
の話しです。

自然に反した農薬の使われた原料や、添加物などは、二日酔いや
生活習慣病の引き金となってしまいます。


自然の摂理に学び、生命力のある命の宿ったお酒。

まさに日本の文化を象徴するものであるべきですよね。



自然の恵みに感謝。

微生物に感謝。

寺田本家のみなさんに感謝。



これからも、美味しいお酒を造り続けてくださいね。

☆イベント出店報告! comments(0)

☆世界1のメッセンジャー☆

2009.09.27 Sunday 19:33


先日お台場で行われた
世界一のメッセンジャーを決めるコンテスト
“ CMWC 2009 ”
仲良しの“kurumi”さん(スープ屋さん)と
チーム湘南でほのぼの空間を作りに出張してきました。

世界大会という事もあり各国からつわもの達が集まり
そこはもう異国といった感じ...


さぁて初のインターナショナルなイベント!
果たしてhonobono号の“はちみつジンジャー”&“kurumi”のスープは
世界に通用するのだろうか...



ゲートオープンと同時に
honobono barには人だかりが..

「Honey Ginger Soda please♪」

と次々に...


そして飲み終えリユースカップを返しに来てくれた瞬間
口々に...

「Nice ! Good!」

乗組員一同満面の笑みに。
(kurumiさんのスープも世界の壁を打ち破っていました♪)



honobono号が世界を旅する日もそう遠くないかも...笑



さてさてこのへんで
今大会の説明をちょこっとだけしときます。




ルールは簡単、
メッセンジャーの業務と同じように集荷(ピックアップ)と配達(ドロップオフ)を効率よく繰り返し、いかに早く、正確に、多くの荷物を運ぶことができるかを競うもの。今大会のメインレースではCMWC史上初、日本の多くのメッセンジャーが業務で使用する“伝票”を用い、スタート時、競技者にはオーダー内容の記載された複数部の伝票が配布され各オーダーには金額が設定されており、より多くの金額を稼ぎ、より速くゴールした競技者が勝者となり 、レースコースは一方通行。速さだけではなく無駄のないコース取りをする冷静な判断力が勝敗の鍵となる。



時間は刻一刻と近づき...

選手たちにはそれぞれ伝票が配られ
会場の空気が徐々に張り詰めてゆく




START 1分前....

30秒前...

10秒前..

5 4 3 2 1 STARAT!!

Go Go Gooooo!



みんなマジです...すごい迫力!!





がんばれ〜




水分補給はhonobono号で!?笑



えっ!まさかそれで出走しちゃうの!?



選手のみなさんお疲れ様でした。
はちみつジンジャー飲んでくれてどうもありがとう!
来年はグァテマラでの開催ですがhonobono号も行きたくなっちゃいました。
ワーゲンバス輸送したらいくらかかるのかな...。

な〜んてちょっと本気で考えてたりして(笑



昼下がり..カウンター越しに選手たちを眺めていると...
その眼差しから
メッセンジャーとして誇りを持って今この瞬間を漕いでいるんだなあと
じんわり伝わってきました

今やっていることに誇りを持って臨むことって
最高にかっこいいな。


☆イベント出店報告! comments(2)

秋のはじまり〜!

2009.09.14 Monday 23:48

先週末行われた、がんこ縁日では
最後の夏を楽しもう!と『流しそうめん』を開催。

前回好評だったため、今回も大勢の方が集まり大盛り上がり!




切りたての青竹を囲んで、流れてくる素麺にみんなの笑顔があふれて…

やっぱり日本の夏の風物詩だけあり、その魅力は図り知れませんね。


今年も楽しい夏が終わりです。 来年もやりたいね〜


それより、

「次回のがんこ縁日が気になる〜♪」←お客様の声です

次回は10月17日(土)を予定しています。
詳細はニュースでお知らせ致しまーす。


そして

日曜日に開催された明治公園でのイベント、BE−INでは、
先月、都内の営業許可をとったばかりのhonobono号が出動!

平和を願って、ライブやダンスが繰り広げられました。
びっくりしたのがこのイベント、電力がすべてソーラー発電で
賄われていたこと。




普段honobono号では、電力を使わずに営業していますが、
こんなに徹底して電力に頼らずに運営されているイベントには
初めて参加しました。


キャンドルナイトで過ごす夜も素敵でした。




昼間は大忙しのhonobono号でしたが、キャンドルナイトが始まると
都内に居るのにその喧騒とはほど遠い世界に身を委ね、
とってもスローな夜を満喫させてもらいました。



さて、皆さん今年はどんな秋を楽しみますか?



「やっぱ食欲の秋でしょー!」byめる





honobono号では、『ほのぼのsummer♪』に引き続き、
『ほのぼの〜な秋♪』を皆さんにお届けしていきたいと思っています。

いろんな所に出没しますので、応援よろしくお願いします!


☆イベント出店報告! comments(0)

龍岩祭 後編

2009.09.08 Tuesday 20:51

ロッジスコーレ

その宿は、硫黄の香りが立ち込める「蔵王温泉街」からすぐの
場所にあり、
honobono号の友人がこのロッジを開いています。
静寂な夜とはまさにこのこと。熟睡させてもらいました。

とっても良い宿です!




山の湧き水をくんで いざ出発!




さあ、龍岩祭の幕開けです。

澄んだ空気の中、テントを張って寝泊まりしているお客様も
次々とやってきました。




山形のお客様は、はるばる湘南から来たというhonobono号に興味深々。
優しい響きの山形弁で、みんな話しかけてくれます。




山形のお客様が教えてくれた3ヵ条…

?蔵王に来たら『温泉』に入るべし
?『芋煮』を食うべし
?丑年の今年は『湯殿山神社』でお参りするべし

他にも山形の郷土料理や風習など、地元自慢は尽きることなく
夜が更けていったのでした‥。
みんなLOVE山形って感じ。
でもホント、こういうのって素敵だなぁ。

山形のみんな、ビール&おつまみの差し入れと
あったかい気持ちありがとう。




そして、

…全部実行しましたよ〜!

・『温泉』は毎日浸かりました。(本当に至る所に温泉、温泉!)

・『芋煮』、美味しかった〜
 (里芋、牛肉、こんにゃく、長ネギ、しめじ、ごぼうが入った醤油味)

・最終日、帰り際に『湯殿山神社』で、honobono号祈願も達成!


この龍岩祭、応募したきっかけは参加者の評判が良かったこと。
それと、
ヒロの「山形に呼ばれている気がする…」というインスピレーション?
でした。

「いや〜来てよがった〜」LOVE山形♪


山形のみんな、ありがとう!
また会いましょう!!

全国ツアー、今度はどこに呼ばれるかな(笑)

☆イベント出店報告! comments(0)

honobono号 全国ツアー開始!?

2009.09.05 Saturday 00:09

深夜特急bus〔night honobono号〕のご案内

由比ガ浜経由
山形蔵王温泉行き

所要時間   5時間
運行日    年に1回
乗員 無理すれば2名(補助席なし)
チケット   soldout 笑




8/26 am 11:00


天気はサイコウ、気分はノリノリ。




鎌倉由比ガ浜に佇む海の家“Asia”(アジアではなくエィジアと読みます)
この場所で毎年夏の終わりが近づくと
世にも愉快で奇怪なお祭が行われる

その名も...

“がんこ祭”!!

和太鼓のオープニングで始まるやいなや

アコースティックライブに
スイカ割り
ベリーダンス
外郎売の口上大会
かちゃーしー
まぐろのかまBBQ
パンツ屋さんとじゃんけん大会
ohana笛セッション
などなど...
踊って歌って食べて踊って...



一見なんでもありなようにも見えますが
それぞれの時間があったかい空気に包まれ
それぞれの場所が自分のペースで過ごせる

よちよち歩きのお子ちゃまは楽器片手にニコっ!
釣りの大好きなお爺ちゃんも鼻笛片手にニコっ!!
そんな具合に老若男女が集まれるのがこのお祭の見どころ♪


こんなにも終日盛り上がり続けるイベントもそうはない気がする...
もちろん最後の締めはみんなで参加の鼻笛セッション♪

美声ならぬ鼻声が由比ガ浜の夜空を駆け巡る...
鳶たちのセッションも加わり 
ピィーヒョロロー♪ピィヒョロロー♪
Asiaの夜はゆるりと更けてゆくのでした。




(がんこ本舗のみなさん、Asiaのみなさん楽しいひとときをありがとう!
そしてap fesに続き助っ人に来てくれた鼻笛番長の“yu-ri”どうもありがとね!)


8/26 pm 22:00
がんこ祭もお開きとなり
鎌倉の町並みを後に...

honobonoチームは進路を北に変え
いざ山形へ
しゅっぱーつ!!

目的は“龍岩祭
このお祭は、山形蔵王温泉スキー場で行われる
国内最大級のフリーパーティ!




ゲレンデ内に作られた6箇所のステージが全て無料で開放され
この期間だけテント設営が可能となり

来場者は歌って踊って食べて温泉入って寝て歌って...
という風に非日常的な空間で非日常的な時間を満喫できるというもの。

そういう時間や空間って旅や波乗りに似てる気がする
なのでこの場所では仕事しているのか、遊んでいるのか分からなくなる瞬間が何度かありました。笑
それだけいいロケーションということかな



会場に着くとまずは
出店場所の整地から
ゲレンデなので夏季は草がボーボー
ひたすら草むしり...

地面がある程度整ったら
次にテントのフレームを組み土台を固定
風雨に負けないようしっかりペグ打ちし
ロープで固定。
そして天幕をかければok!



ワークショップスペース、販売スペース、試着スペースなど
それぞれの空間をイメージして組み立て形にしていくこの作業がぼくは一番すき

イメージした配置と実際の配置がぴったりはまり、お客さんの位置がフィットしたときはなんとも言えない喜び

そういう意味で移動販売は固定店舗にはない
ダイナミックな陳列や変化のある配置が可能で面白いと思う。

今回の“ほのぼのhouse”はこんな感じになりました。



今日はゆっくり温泉にでも浸かって明日に備えようかな
もちろん宿はロッジスコーレで....ZZzzz
 

後半へ続く

☆イベント出店報告! comments(0)

チーム結成!

2009.08.27 Thursday 23:35

先週末、築地・本願寺で行われた音楽イベントには多くの人が訪れました。

その名も「他力本願でいこう!



他力本願という言葉は、現在、間違って使われていることが多く、
他人任せという意味ではありません。

そもそも「他力」とは仏教の言葉で「阿弥陀如来の力」を指し
「本願」とは「本当の願い」という意味なのです。

つまり「他力本願」とは「阿弥陀如来の力によってなされたお約束
(迷う人を救う仏の願い)」ということであり、
また他力本願のはたらきによって、強くたくましく生きていける
ことを指すのだそうです。

主催者の本願寺さんがイベントの主旨を考え、
「食べ物もきちんとしたものを!」と
屋台にもこだわりをもって企画されました。


駆け付けたのは、“湘南・身体にやさしい移動販売チーム!”(仮)


?1【無添加玄米ランチのVegiko】さん



お肉の代わりに麩と高野豆腐を使った
『玄米ベジタコライス』が大人気!

「美味し〜い」


?2【野菜ソムリエのスープ屋さんkurumi】さん



この日は『ミネストローネの玄米リゾット』の他に
『無添加かき氷』にも大忙し!

「暑かったもんね〜」


?3【オーガニック移動カフェhonobono号




本日の目玉は、有機バナナ + 天然蜂蜜 + 東毛酪農の低温殺菌牛乳
シェイクした、『はちみつバナナシェイク』

「シャカシャカシャカシャカ‥
 お待たせしました〜! なんせ手動なもんで‥」

こんな具合に↓




かねてからの念願が叶い、この湘南チームのコラボレーションが
ついに実現しました!

まさに三人寄れば…
というように、それぞれの伝えたいことが大きな波になって
お客様に届けることができたのでは、と思いました。


「こんな屋台の集まりは初めて!」とお客様に喜んで貰えて良かったです。
また、イベントを企画される方が、食に対する考えをしっかりと持って
開催しているということは、とっても嬉しいことですね〜。

イベントを企画の担当者様、これからは屋台にもこだわってみませんか?

スケジュールの都合が合えばこの3店舗チームで伺います。


…と、若干宣伝チックになってしまいましたが、


本願寺本堂ライブの他にはなんと、『足湯に浸かって紙芝居』
というのもあり、私たちチーム全員も最後に足湯に浸からせて
いただきました。



気持ち良かった〜!疲れが吹っ飛びました。


皆さんにも足湯の方法をご紹介しておきましょう♪

・温度:38〜42℃ (温度は一定に)
・水深:くるぶしから指3本位上の深さあればOK
・時間:15〜20分(汗をかかない程度に)

お風呂とは別に、リラックスしたい時にやるのが良いらしいですよ。

お試しくださーい♪

☆イベント出店報告! comments(4)

<< | 4/6PAGES | >>

■プロフィール
■リンク
■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■ブログ内検索
■カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
■月別アーカイブ
qrcode