お蔵フェス

2010.03.21 Sunday 16:26

行ってきました!寺田本家主催『お蔵フェス2010』

honobono号またまた千葉へ遠征〜

当日朝早いということで、たかいく農園さんはじめ、湘南チーム一同は
前日、匝瑳市の『みやもと山』さん宅に泊めていただきました。

みやもと山さんは平飼い卵や無農薬のお米などの生産者さん。
とってもあたたかい家族のみなさん、ありがとう。
のびのびと育てられているニワトリさんたちのコケコッコーで目覚め、
朝食には、ふきのとう味噌おにぎりをいただき…
大変お世話になりました。



さて、噂に聞いていたとおり、お蔵フェスは大盛り上がり!
全国からこの発酵の町、香取郡神崎に続々と集まりました。
町をあげてのイベントで、なんと通りは車両通行止めに!



honobono号は千葉県いすみ市からやってきたネココロさんという
オーガニック移動カフェさんがお隣りでした。
ネココロさんはhonobono号とほんと似ている!

素材はすべてオーガニック。
電源は使わない。
手淹れでコーヒーを提供するから、おそろしく時間がかかる…(笑)

同じ気持ちで活動している仲間に出会うと本当に嬉しいですね。



こだわりのお店やワクワク発酵体験、生酒の試飲など、
みなさんとても楽しんでいました。
私たちも、樽の一番底の濃〜い『どぶろく』や『発芽玄米生酒』を
少しだけ(?)飲みながら、がんこ本舗キヨシさんとのコラボで
出店を楽しみました。



それにしても寺田のお酒は美味しい。
なぜ美味しいかというと、本物の素材で本当の作り方だから。

昔から醗酵の持つ素晴らしさに不思議さに魅せられていた日本人。
醗酵にはたくさんの色々な菌がかかわっていて、
良い菌だけでなく、悪い菌も大切な役割をします。

人間も自然の中でたくさんの菌と触れ合う事で免疫を高め、
病気に負けず元気になっていく。
さまざまな菌に助けられ支えられながら生かされているのです。

寺田さん曰く、
良い菌だけでなく、雑菌が関与しながら醗酵するほうがコクのある深い味わいのあるお酒ができる。
『都合の悪い菌だけ排除する事ではうまくいかなくなる。仲良くする事でうまくいくようになっている。』


生きているものはみんな同じなんですね。



この素敵な発酵の伝統がずっと続きますように。

美味しいお酒、万歳!

☆イベント出店報告! comments(0)

コメント
コメントする








   

■プロフィール
■リンク
■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■ブログ内検索
■カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
■月別アーカイブ
qrcode