honobono号 全国ツアー開始!?

2009.09.05 Saturday 00:09

深夜特急bus〔night honobono号〕のご案内

由比ガ浜経由
山形蔵王温泉行き

所要時間   5時間
運行日    年に1回
乗員 無理すれば2名(補助席なし)
チケット   soldout 笑




8/26 am 11:00


天気はサイコウ、気分はノリノリ。




鎌倉由比ガ浜に佇む海の家“Asia”(アジアではなくエィジアと読みます)
この場所で毎年夏の終わりが近づくと
世にも愉快で奇怪なお祭が行われる

その名も...

“がんこ祭”!!

和太鼓のオープニングで始まるやいなや

アコースティックライブに
スイカ割り
ベリーダンス
外郎売の口上大会
かちゃーしー
まぐろのかまBBQ
パンツ屋さんとじゃんけん大会
ohana笛セッション
などなど...
踊って歌って食べて踊って...



一見なんでもありなようにも見えますが
それぞれの時間があったかい空気に包まれ
それぞれの場所が自分のペースで過ごせる

よちよち歩きのお子ちゃまは楽器片手にニコっ!
釣りの大好きなお爺ちゃんも鼻笛片手にニコっ!!
そんな具合に老若男女が集まれるのがこのお祭の見どころ♪


こんなにも終日盛り上がり続けるイベントもそうはない気がする...
もちろん最後の締めはみんなで参加の鼻笛セッション♪

美声ならぬ鼻声が由比ガ浜の夜空を駆け巡る...
鳶たちのセッションも加わり 
ピィーヒョロロー♪ピィヒョロロー♪
Asiaの夜はゆるりと更けてゆくのでした。




(がんこ本舗のみなさん、Asiaのみなさん楽しいひとときをありがとう!
そしてap fesに続き助っ人に来てくれた鼻笛番長の“yu-ri”どうもありがとね!)


8/26 pm 22:00
がんこ祭もお開きとなり
鎌倉の町並みを後に...

honobonoチームは進路を北に変え
いざ山形へ
しゅっぱーつ!!

目的は“龍岩祭
このお祭は、山形蔵王温泉スキー場で行われる
国内最大級のフリーパーティ!




ゲレンデ内に作られた6箇所のステージが全て無料で開放され
この期間だけテント設営が可能となり

来場者は歌って踊って食べて温泉入って寝て歌って...
という風に非日常的な空間で非日常的な時間を満喫できるというもの。

そういう時間や空間って旅や波乗りに似てる気がする
なのでこの場所では仕事しているのか、遊んでいるのか分からなくなる瞬間が何度かありました。笑
それだけいいロケーションということかな



会場に着くとまずは
出店場所の整地から
ゲレンデなので夏季は草がボーボー
ひたすら草むしり...

地面がある程度整ったら
次にテントのフレームを組み土台を固定
風雨に負けないようしっかりペグ打ちし
ロープで固定。
そして天幕をかければok!



ワークショップスペース、販売スペース、試着スペースなど
それぞれの空間をイメージして組み立て形にしていくこの作業がぼくは一番すき

イメージした配置と実際の配置がぴったりはまり、お客さんの位置がフィットしたときはなんとも言えない喜び

そういう意味で移動販売は固定店舗にはない
ダイナミックな陳列や変化のある配置が可能で面白いと思う。

今回の“ほのぼのhouse”はこんな感じになりました。



今日はゆっくり温泉にでも浸かって明日に備えようかな
もちろん宿はロッジスコーレで....ZZzzz
 

後半へ続く

☆イベント出店報告! comments(0)

コメント
コメントする








   

■プロフィール
■リンク
■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■ブログ内検索
■カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
■月別アーカイブ
qrcode