H+O(ハッピー+思いやり)の社会に向けて

2011.04.19 Tuesday 16:36

今日はhonobono号結成のヒミツ?について少しだけ
お話ししたいと思います。

私(おー)こと太田と、(ヒロ)こと伊東は、
前職の有機農産物や自然食品などを取り扱う会社で
出会ったのがきっかけで、現在honobono号を共同経営しています。

その職場では、働きながらいろんな勉強をさせて貰いました。

農業、漁業、畜産などをはじめとする生産者の現状。
流通の仕組みと消費者の意識の現状。
食品添加物や化学物質など商品の裏側。
環境やエネルギー問題。

…など、日々勉強し、考えることができる職場でした。
スタッフはもちろん、お客様もそういう意識の高い方がほとんどでした。

もっと多くの人に、正しい背景の商品を提供したい。
無農薬野菜の美味しさをはじめ、環境に負荷をかけず、
すべての生物が共存できる、持続可能な暮らしについて
私たちが気づいたことを、少しでも多くの方に伝えたい。

…という想いが益々強くなり、そのようなことに無関心な人たちや、
また、そんな暮らしを実践している人に多く出会うため、
移動カフェという形態がベストだと思い、
honobono号を立ち上げようと決心したのです。

その昔、海亀が産卵にやって来ていたという茅ヶ崎の海。

昔のように、農薬や化学肥料を使わない大地が戻れば、
海がキレイになる。
私たちの暮らしがシンプルになれば海がキレイになる。
海がキレイになれば、多種多様の動植物みんなが元気に暮らせる。

拠点を茅ヶ崎に決めた所以でした。


…そして、honobono号は皆さまに支えられて
お陰さまで7月で丸3年になります!

恐れていた原発の問題に直面してしまった今、
微力ではありますが、シンプルで楽しく思いやりのある生活を
推進する活動が、意味のあるものだと確信しています。

今、気付いた人たちが様々な言動や行動で、新しい波を
作りはじめたように感じます。とっても嬉しいことですね。

もっともっとそんな輪が広がり、全ての生き物が安心して暮らせる、
持続可能な地球にしていくため、honobono号も活動を続けていきます。

これからもどうぞよろしくお願いします。



茅ヶ崎の海岸は3年前に比べ、ゴミが少なくなってきたのも
嬉しいことです!

♪honobono号 comments(2)

コメント
marimamaさん、お久しぶりです。
ぼくちゃん達元気にしていますか?
いろいろ不安もありますが、本当に時を大切に充実した毎日を送りたいですよね。
近々お会いしましょう!
  • honobono O
  • 2011/04/22 9:58 AM

ほのぼの号の大切にしたいことの輪が広がっていて嬉しく想います。
 子供は、砂浜の中でも『異』色を見つけるのがうまいです。
時を大切に過ごして生きたいと想うmarimamaでした そろそろお会いしたいです^。^ 
  • marimama
  • 2011/04/21 11:06 AM

コメントする








   

■プロフィール
■リンク
■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■ブログ内検索
■カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
■月別アーカイブ
qrcode